テセウスの船75話ネタバレ!タイムカプセルに指輪と家系図…

モーニング2019年12号に掲載の、テセウスの船最新75話ネタバレ感想です。

村を離れる前に、家族の時間を作ろう…と、佐野家の夜はジンギスカンで一家団欒。

束の間の満ち足りた時間を過ごします。

テセウスの船75話あらすじ※ネタバレあり

落とした段ボールから出てきた、明音ちゃん事件の捜査資料を凝視していた佐野。

金丸は、その写真を見てあることに気付いたのだと、資料を運んでいた刑事がいいます。

 

明音ちゃんの身体には、長谷川に抵抗したときにできた無数の傷があった。それと共に、首元にわずかに痣のようなものがあるのが写真で見て取れる。

鑑識は、これは長谷川ともみ合った際にできたと推測。このような事件においてこれはそれほど特別なものではない…

 

しかし、金丸は、問題はこれを誰がつけたかだ、と言い残していました。

この痣が、事件の謎を解くカギになるのでしょうか…

家族の時間

佐野が家に帰って来ました。心は家の中を一通り探したが、青酸カリは見つからなかったと言います。

父が帰るとすぐ子供達は、村を出るなんて絶対嫌だ、お泊り会に行きたいと抗議しました。

しかし佐野も和子も、子供達の言葉には耳を貸さず、決まったものは決まったんだ、と言いました。

心は、今夜みんなで家族の時間を作りましょうと提案。

子供達はそれを聞いて、花火やろう!ご飯作る!と喜び、その夜はみんなでテーブルを囲みジンギスカンを食べ、団欒します。

「そういえばさ 心さんのお父さん見つかった?」

鈴が聞きました。

「最初ウチに来た時言ってたじゃない?お父さんを探してるって」

全てを知っている佐野は、思わず食べていたものを詰まらせ咳き込みます。

心は、お父さんに会えたよ、と答えました。

 

その後、心は慎吾とお風呂に入ったり、和子の肩を叩いたり、佐野がハモニカを披露したりと和やかな時間が続きました。

心は、昼間庭でみつけた『タイムカプセル』と書かれた立て札について尋ねました。

そこには宝物が埋めてある、ウチは転勤族だからここを離れる時が来ると思うが、いつか戻って来た時に掘り起こしたら面白いかと思って、と、鈴が答えました。

「面白い!僕らも何か埋めませんか?」

「よし!」

 

和子は、インスタントカメラで佐野を撮り、そのカメラを入れることに。

心は、佐野と和子から、前の世界での心と由紀のの子供、未来までの家系図を書いた紙と、結婚指輪を封筒へ入れ、それをタイムカプセルに入れました。

「みんな絶対掘り起こすんじゃねぇぞ 未来までのお楽しみだ!」

「未来の俺達はどうなっているかな…」

満ち足りた家族の時間。この後起きる不幸な事件を、未然に防ぐことは出来るのでしょうか。

テセウスの船75話感想

和子は何も聞かず、夫を信じて荷物をまとめました。

翌日には、富良野の従姉妹のところへ行く、その前夜、家族の時間を過ごした佐野一家。

青酸カリが見つからなければ、このまままた事件は起こり、佐野は濡れ衣を着せられてしまう…

男性陣にとっては緊迫の夜でしたが、子供達は久々の家族団らんに満足したのではないでしょうか。

心は、タイムカプセルに指輪を入れてしまいましたね。過去が変わり、未来(娘)は存在しなくなってしまった。

それでも、タイムカプセルに入れて心だけが知る未来を、未来へとつなげたいという思いでしょうか…

これが今後、どのように働いてくるのか。そして、翌日、村は一体どうなってしまうのか。

次週も楽しみです!

このお話の続きはこちらをご覧ください。

テセウスの船 76話ネタバレ!佐野家族、誘拐された…!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です