寄宿学校のジュリエット 93話ネタバレ!玲音のこと好きなの!?

週刊少年マガジン2019年12号に掲載の、寄宿学校のジュリエット最新93話ネタバレ感想です。

監督生合同会議も、にぎやかに口争いながら行う犬塚達の代。

後輩を戒めに、3年監督生団が2年監督生達に果たし状!?体育祭でバトル開始です。

今日のお気に入りシーン

玲音に八つ当たりする発言を犬塚にたしなめられ、挑発で返すアビ。

「はぁ?何かばってんの好きなの!?」

寄宿学校のジュリエット92話あらすじ※ネタバレあり

執務室の窓に向かい、黄昏る藍瑠。なんだか、いつぞやの玲音みたいな構図ですね…独り言は言ってませんが^^

そこへ、胡蝶と手李亞が入ってきました。

2人は、犬塚達新監督生が合同会議を行っていることを伝え、体育祭が終わったら自分達も引退だね、引退するのさみしいの?と藍瑠に話しかけます。

「バカ言え ようやく肩の荷が下りるんだ 待ち遠しいくらいだ」

感傷に浸っているのはお前達だろ、さあ最後まで仕事を全うしよう、と言い、制服のブレザーを翻し颯爽と歩きだします。向かう先は…

脳筋な2年監督生合同会議

犬塚達は、今年の体育祭についての会議中。

黒白混合チームでの開催を推す犬塚と、断固反対なスコット。

先週スコシアとなったスコットはシャルちゃんに連れていかれていましたが、どうやら頭を殴るという古典的な方法で記憶をなくし、元に戻ったようですw

ペルシアに引かれていますが、理由がわからず、頭が痛い…と言いながら会議頑張ってますw

 

玲音が、体育祭前日の前哨戦、エキシビジョンマッチで、監督生同士が白黒合同チームを作って模擬試合をやるのはどうかと提案。

2人の間をとった良い案だと思いましたが…犬塚もスコットも、納得いかずギャーギャー反論。

蓮季は、うるさい!順番に喋れ!とキレ、スコットはそもそもこのメンバーで合同会議なんてうまく行く訳がないと言います。

お前も何か意見を言えと言われたアビは、何で代表に選ばれなかったんだよチクショー!!と、大分ズレた意見を述べ、みんなから突っ込まれ。

大体玲音が場をかき乱したからこんな結果になった!と、アビの矛先は玲音へ。

犬塚が玲音のことはもういいだろ、と言うと、何かばってんの?好きなの!?と挑発。

聞き捨てならない犬塚は、「ガキみてーな事言ってんじゃねーよ!!」とアビの胸倉をつかみ、2人は一触即発。

しゅうしゅうがつかなくなった時、会議室へ藍瑠がやってきました。

「ずいぶんと…にぎやかな会議だな。そこに直れ気様ら

氷のような眼差しを向けられ、2年監督生達は委縮し謝罪します。

「ごめんなさぁぁい!!」

3年監督生団からの挑戦状

「まったく会議中にドタバタ騒ぎおって 初等部の集まりか?」

藍瑠のお説教はクドクドと30分以上も続き、みんななげぇ…と思いながらも大人しく座って聞いていました。

が、犬塚は、そうは言うけど自分達だって成長している、3年にも引けを取らないはず、と言い返します。

「なら決めようよ!2年と3年の監督生…どっちが優れているか…」

窓枠にカッコよく座り、バスケットボールを回しながら登場したのはケット。

体育祭のエキシビジョンで、2年と3年の対決を提案しました。

藍瑠も、勝負を受けろと犬塚に迫ります。

その後も、ぞくぞくと窓の外から登場し、勝負を申し込む、3年監督生達。

犬塚は、示し合わせたように出てくる先輩たちに違和感を覚えますが、藍瑠のものいいに何かひらめいたものがあり、勝負を受けることに決めます。

「今年の体育祭エキシビジョンは 2年対3年監督生下克上対決だ!!」

「フン…そうこなくてはな」

始まったエキシビジョン…先輩方の真意は。

早速次ページから、エキシビジョンの始まりです。

ギャラリーは大盛り上がりで、どっちが勝つと思う!?とがやがや。やはりみんな、まだ3年が圧勝すると思っているようですね。

ペルシアは準備運動をする犬塚に駆け寄り、どうして勝負を受けたの?と尋ねます。

「もし負けたら生徒たちに頼り甲斐がないと思われてしまうわよ!?」

「だからこそだよ」

犬塚は先輩方の言動を推理し、この対決は、2年監督生が3年に勝ち、俺達が監督生としてみんなから認められるようになる為であり、3年から俺達への最後の手向けなんだ、と判断したのでした。

 

エキシビジョンの司会進行は、白黒合同。朱奈とアメリアのコンビです。早速、仲良くなって偉いぞ2人とも(*^▽^*)

2人がしてくれたルール説明によると、ゲームはダリア学園発祥の、学園全体を使ったラグビーのようなもの。

正門と裏門をそれぞれのゴールとし、一つのボールを奪い合い、先に相手のゴールまでボールを運んだチームの勝利です。

ボールは蹴る投げるもあり、相手への接触もありというルール、かなり荒っぽい試合になりそう…

 

「胸を借りるつもりでいくぜ兄さん」

いよいよトスの時間。向かい合わせに並び、目の前の藍瑠にそう声をかけた犬塚。

投げ上げられたボールを、キャッチしたのは……3年監督生、レックス。

女生徒の制服で「ぬぅん!!」とキャッチする様子は大迫力w

弾き飛ばされ、しりもちをつく犬塚。

「胸を借りる?何か思い違いをしてないか露壬雄…」

地面に倒れる犬塚を見下ろす、3年監督生達。

「オレ達の目的は徹底的に貴様らを潰し 自惚れや慢心を消し去る事だ」

(全然勝たせる気なかったぁ!!)

寄宿学校のジュリエット93話感想

選挙編は片付き、新展開ですね!(*^▽^*)

3年対2年、藍瑠はそうは言っているけれども、犬塚の推理はあながち間違ってはいないのでは。

勝負に手を抜いて勝たせてやるなんてことはしないでしょうけど、3年生達は、きっと後輩達は自分達を超えてくれる、超えて欲しい、という思いでこの勝負をもちかけたのでは。

だからこそ、手加減なしでむしろ叩き潰すくらいのものでかかってはくるでしょうけど(^▽^;)

ゲームの内容も、かなりフリーダムな感じですし、これは派手な戦いが繰り広げられそうですね~(* ´艸`)

 

そして、合同会議中もまだまだ白黒のいがみ合いや、玲音へのわだかまりが残って居そうな、2年監督生達。

この勝負を通して、団結も深まってくれれば良いですね。

次週も楽しみです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です