ブラッククローバー第193話ネタバレ!アスタ「ミモザ!合体だ!」

週刊少年ジャンプ2019年12号に掲載の、ブラッククローバー最新193話ネタバレ感想です。

ノエル、アスタ+ミモザ、そして外でエルフを足止めしている黒の暴牛…

みんな戦い続けています。

今日のお気に入りシーン

魔力が回復するゴハンに感心するユノの「すごい」に感激するチャーミーが可愛い。
「すごいいただきましたぁぁぁどういたしまして~~~~っっ

ブラッククローバー193話あらすじ※ネタバレあり

1対1でファナの転生体と戦うノエル

目の前に現れたのは、憎悪のファナの完全な転生体だと認識し、遠慮はいらないと判断したノエル。

「思いっきりいっていいわねーーー!!!」

あまりの威力に、コントロール優先で手加減して使っていた魔法、”海竜の咆哮”を、最大出力でぶち込みます。

すると、ファナの上半身が消し飛び、ノエルびっくり。

「えーーー!!!!ご…!!ごごごごごめんなさい!!」

しかし、謝る必要なかったみたいです…消えた上半身は、メラメラと燃え上がる炎のように、すぐさま再生されました。

炎回復魔法、”不死鳥の羽衣”の力です。

「すっごい威力!また服がなくなっちゃった」

禁断魔法を使ったので、あっちの関阿野魔力で理外の魔法が使えるんだ、というファナに、ノエルもなすすべがありません。

(こんなの…どうしろっていうのよ……!!?)

アスタとミモザは合体して勝負

リルによる攻撃はまるで世界と戦っているかのように間髪入れず続き、アスタはブラックになる暇もなく防戦一方です。

ミモザも服を引き裂かれ、直撃するかと思われた攻撃を、アスタが身を挺して防ぎます。

「アスタさん!!すみませんッッ回復をーーー…」

「あぁ…けど休めるスキがねぇ…!!ミモザ!!俺におぶさって植物でぐるぐる巻きにしてくれ!!」

「えっっ!」

「こうなったら合体だァァァーーー!!!」

「ええっっ!!」

ミモザwith植物をおぶさって、回復しながら戦う作戦のようです。

「おっしゃ きやがれえぇぇぇーーー!!!!」

戦う黒の暴牛の援護にユノ登場

金色の夜明けのエルフ達と戦う黒の暴牛メンバー。

相手はかなり強く、もう一歩のところで決定打を与えきれません。

そこへ、ユノが各地の魔法騎士をまとめあげ、援護に来ました。

魔法騎士たちはユノの指揮で、交戦中の魔法騎士の攻撃に合わせ、遠距離攻撃魔法でサポートし、エルフ達を吹き飛ばしました。

 

チャーミーはユノにとりあえずゴハンを差し出します。

魔力が回復するゴハンにユノも思わず「すごい」ともらし、表情には出しませんが驚いているようです。

ありがとう、と言われ喜ぶチャーミーに、現状を訪ねるユノ。

団長やアスタ達が城の中で戦っていることを知ります。

(もうアスタが…!ありえねー…)

立ち尽くしたユノの首飾りの石が光り出し、影の王宮の入口を示すかのように光の帯が伸びました。

(待ってろ アスターーー!)

ユノがその方向へ手をかざすと、傍にいたチャーミーともどもキュオッと光に包まれ、影の王宮の中へと引き込まれて行きました。

 

中では、アスタ達のようにユノとチャーミーも別々の場所へ着地した模様。

「ユノくんっっ??どこっっ?そしてここはどこっっ?」

慌てるチャーミー。目の前には、地獄のような世界が。

「チャーミーパイセンッ!!?」

チャーミーが辿り着いたのは、アスタ達とリルの戦っている場所だったのです…!

ブラッククローバー193話感想

ノエル一人で、理外の回復能力をもったファナと戦うのは荷が重そうです。

早く、どなたか戦いを終えて合流してあげて欲しいですが…ほかのメンバーも、苦戦していますね。

チャーミーが加わったアスタ達、なんとか頑張ってください~~!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です