魔王城でおやすみ128話ネタバレ!パパの勘違いが加速…早く気付いて!

魔王城でおやすみ128話の感想です。

前回、人質の姫を新入りの魔物として紹介し、人質がついて来てしまったことを隠そうとした魔王一行。

そのごまかしが、とんでもない勘違いを生み、パパは息子がヨメを連れてきたのだと思い込み、断固反対します…w

パパはおこだよ!魔王達はどうなる??

魔王城でおやすみ128話あらすじ※ネタバレあり

「500年は早いぞっ……このっ…未熟者がーー!!!」

やはり魔物は時間のスケールが違います…500年早いそうです。

魔王は、パパが何にお怒りなのかわからず混乱します。旧魔王城の補修を頼んだだけなのに…

いや、案外すべてお見通しなのかも!

姫が人間だってことも、魔王でありながら父に頼る未熟さも…すべてを知ったうえで今叱咤してくださっているというのか!!

…って、魔王も魔王で超絶勘違い中ですw

その時、パパが考えていたのは

我が息子は嫁(仮)を痛めつけるドクズ!!なのではないかということ。

それを確かめるべく、姫に質問します。

Q 普段どのように生活している?

A 「牢に入ってろ」って言われるけど…

パパ「…お前は…家庭をなんだと思っている…?」

魔王「!?何故です!?」

Q 他には…?

A 「家に帰りたい」って言ったら…怒られたな…

パパ「卑劣さだけは…褒めてやろう…」

魔王「だから何故です!?」

Q 他には…?

A 週1で死んでるかな!

 

姫が質問に答えれば答える程、パパは怒りに震えます。

しかし魔王一行はその理由がわかりません…人質の正しい扱い方…だよね?

お互い勘違いしたまま、パパはついにブチ切れて魔王達にお仕置き。

「そんなふうにお前を育てた覚えはなーーーーい!!!!」

「何故ぇーーーー!?」

(やっぱり何かが決定的に食い違っている…!!でも一体何が…)

と思ったのもつかの間、パパが決定的発言を。

「お前というやつは!嫁を!なんだと思っているーーー!!!」

wwww

「…ヨメ?」

「え?ヨメだろ?」

「え?」

 

ということで、やっとお互いの勘違いに気付いた両者。

改めて、旧魔王城の補修を頼みに来たことを伝えることが出来、誤解は解けました。

だが、そうなるとあの女はなんなのだ?嫁ではないのだろう。と聞かれた魔王、叱られる覚悟で本当のことを伝えます。

「あの…実は…人間の人質で…」

「なるほどそうか。」かるっ!?www

最初から正直に話していれば、別に叱られることはなかったようですね…w

姫はパパのわんちゃん(?)クッキーと仲良くおやすみちゅう。。。

クッキーと仲良くしているのが、パパのポイント高かった模様。

旧魔王城の補修は、姫が起きたら行ってくれるそうですwめでたしめでたし!

魔王城でおやすみ128話感想まとめ

魔王とパパの勘違いが、姫の「いつも通り」の回答で加速されて面白かったです!

最後のページの、魔界ですやぁ…っと平和に眠る姫の寝顔にはきゅんきゅんでした(* ´艸`)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です