寄宿学校のジュリエット 92話ネタバレ!玲音は髪切ってロミオの愛人宣言(* ´艸`)

週刊少年マガジン2019年11号に掲載の、寄宿学校のジュリエット最新92話ネタバレ感想です。

晴れて監督生代表となり、恋人同士として大手を振って歩けるようになった犬塚とペルシアですが、今まで隠して付き合っていたクセが抜けません…w

そして、2人の交際にショックを受けた信奉者達が、こじらせとんでもない方向へ(‘∀`)

今日のお気に入りシーン

犬塚への想いをこじらせ、自分が露壬雄になってしまった朱奈(めちゃくちゃ似合う)。

「まったく騒がしい奴だぜ…なぁ露壬雄」「お前誰!!?」

寄宿学校のジュリエット92話あらすじ※ネタバレあり

監督生として、仕事の話をしながら連れだって歩く、犬塚とペルシア。

真面目に仕事をこなしているみたいです。

人目につくといがみ合う癖が抜けないw

仕事の話はこれくらいにしよう、忙しくて中々会えなかったし…と、恋人同士の時間を過ごしたかった二人ですが、学園内ではすぐ誰かしらに声をかけられます。

その度、「くらいやがれジュリエットォォ!!」「くたばりなさいバカ露壬雄ォ!!」と、つい反射的にいがみあっているフリをしてしまったり、ベンチの下に二人で這いつくばって、見つかると「コンタクト落としちゃって~」言い訳したり…

(クセが…長い事秘密にしていたクセが抜けない!!)

(身体が反射的に動いちまう!!)

あららぁ~。面白いw

 

学園では、白猫生が犬塚に挨拶を(よそよそしくも)してくれることがあったりと、確実に変化が出てきていました。

けれども、まだまだ白黒の溝がなくなった訳ではない!だからこそ、自分達がもっと人前に出て仲の良いところを周知させるんだ!と、熱くなる犬塚。

と、言うわけで、食堂で2人でランチすることになりました。

か、髪の毛切った玲音かわわぁぁぁぁぁぁぁ~~~~(* ゚Д゚)

食堂へ2人で入ると、さすがに皆から好奇の目で見られる、犬塚とペルシア。

しかし犬塚は、周りの目なんて気にしちゃダメだ、代表として毅然とした態度でいるべきだ、と言います。

「そうね…頼もしいじゃない」

そう言って、ペルシアが犬塚を見上げると、そこには相好を崩したしまりのない犬塚の顔が。

「ジュリエットと食堂デート…でゅへへへへ…」

「毅然とは!?」

 

そうこうしていると、蓮季と玲音が現れました。

えっ…玲音……えっ……髪の毛切ってる!!!

めっちゃ可愛い!!!!!(* ゚Д゚)

 

なんだろう、髪をふんわりカールさせたジュリ男みたいな雰囲気。

「気持ちを新たにイメチェンしてみたんだよ」

周りも、おおおおおと沸き立っています。食事をしている黒犬生には、頬を染めて玲音を見る者も。

「ねぇ犬塚…似合う…かな…?」もじっ…

「え…まぁ…いいんじゃね?」

2人の会話に蓮季とペルシアは、「犬塚のやつ他の女子にデレデレしてるゾー」「短いのがいいんだ…」とブーイング。

「デレてないけど!?」焦る犬塚w

「まったく男ってチョロイな~~フッハッハッハッ」

「デレてねーっつってんだろ腹立つ!!何その笑い方!?」

 

それより、監督生同士でご飯食べない?と言う玲音でしたが、犬塚は2人でランチデートしたい。

そこで、テラスに2人席をもう取ってしまっている、と言って抜けようとします。

が、またも玲音にからかわれますw

「それは残念だね やっぱり本命には勝てないか…まぁ待つのは愛人の務めだし…また今度でいいよ」

「何言ってんのお前!!?」

ペルシアは玲音の言葉を真に受けて怒り、玲音は続けて「犬塚は玲音が幸せになれる未来を作るって言ってくれた」と、のたまい(確かに言ったけどもwww)、場は大荒れ。

犬塚は、行こうジュリエット!!と無理やりテラスへと走り出ます。

あ…なんかもう、自然と名前で呼べてますね(* ´艸`)

テラスで待っていたのはスコット…ではなく、スコシア!?

テラスに取っておいた席へ行くと、誰か座っています。

金髪ロングヘア―に、黒いリボンを頭に着けて、後ろ姿はまるでペルシア。

でもジュリエットは、犬塚の横にいます。

「私は恋に敗れ…しかし新たに生まれ変わった存在…スコシアよ!

(なんか目覚めてるーーーーー!!!)

 

2人の仲を知り、ショックで寝込んだスコット。

自分の敬愛するペルシアは取られてしまった…けれどペルシアに対する愛情は消えない…

一体どうすればいい!?と、考え続けた結果、スコットは自分がペルシアになればいいという結論に至り、形からペルシアになったようですwww

「スコシアは絶対に私を裏切らない 同一の存在としてこの世に生き続けるのよ スコシア万歳!!」

(こいつヤベェ…)

「似合う…かな…?」

さっきの玲音と同じセリフも、犬塚をブチ切れさせますw

「一片たりとも似合ってねぇよブッ殺すぞ!!!」

暴走スコシアちゃんは、シャルちゃんが現れて回収してくれました~w

次は、朱奈ならぬ朱壬雄の登場。カッコよすぎw

「ったく…騒がしい奴だぜ なぁ露壬雄」

「あ…あァ…ってお前も誰!!?」

お次に現れたのは、黒犬の男子の制服をまとい、「朱壬雄」と名乗る朱奈。

こちらは、髪型まで再現しようとはしなかったらしく、ポニーテールで。

朱奈もスコットと同じく、自分のお目付けはもう不要、だけど露壬雄のお役に立ち続けたい、と考え、自分が露壬雄になればいい!!と悟ったそうですwww

「お前もかぁあ!!!」

目を覚ませ、スコットと同じ知能レベルになっちまう、と朱奈の肩を掴み説得する犬塚を、黒犬の女子生徒の集団が止めます。

「ちょっと朱壬雄様に何すんのよ!!」

「手を放しなさいよ!!」

「ファンクラブできてる!!」

 

そして朱奈も、玲音やスコットと同じセリフを。

「似合う かな…」

「似合ってるけども!!」

ファンクラブの女子から黄色い声が上がり、こんなヤツ放っておいてランチしましょ~!!と、朱壬雄は連れ去られて行きましたw

最後はジュリエットの笑顔で癒し。

結局、なんだかんだと騒いでいるうちにお昼が終わってしまい、一緒に食べられなかった犬塚とペルシア。

犬塚が執務室で脱力していると、購買で買ったサンドイッチを携えたペルシアが入って来ました。

結局変わらないな、こうしてコソコソ会って…と、ちょっと残念そうな犬塚。

ペルシアは、皆の象徴になるのも大事だと思うけれど、焦る必要はないわよ、と言います。

「選挙で私たちが代表に選ばれたのって 皆も心のどこかでこの学園を変えたいと願っているからだと思うの。だからじっくりしっかりやって行けば きっとみんなも付いて来てくれると思うわ」

「そっ そっか…」

「それに もう少し

2人だけで会う時間も 大切にしたいから」

そう言って、ちょっと頬を染めながら微笑むペルシアに、胸が高鳴る犬塚。

(オレももっと2人でいたい…)

 

良い雰囲気になったところで、出掛けていた蓮季と玲音が帰って来ました。

ついクセで、テーブルの下に隠れてしまった二人。

「……何してんの?」

メガネ落としちゃって

「メガネしてないだろ」

クセが抜けるのに、2週間かかったそうですwww

寄宿学校のジュリエット92話感想まとめ

今週も、色々なことが詰まってましたね~!

玲音のイメチェン、スコシアと朱壬雄の発生、いがみ合うフリが抜けない犬塚とペルシア…w

しかし、クセは2週間で抜けたみたいなので、来週はもう少し、公衆の面前でも恋人らしい振る舞いが出来るようになっているといいですね(*^▽^*)

2人でご飯も、見慣れた光景になって行くハズ。

スコットも、シャルちゃんに正気に戻してもらえるといいんですが…w

朱奈はカッコイイからそのままでも良いと思う(‘∀`)

このお話の続きはこちらをご覧ください。

寄宿学校のジュリエット 93話ネタバレ!玲音のこと好きなの!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です