古見さんは、コミュ症です。最新182話ネタバレ!笑介くんと瞳ちゃん不良と抗争!?

週刊少年サンデー2019年10号に掲載の、古見さんは、コミュ症です。最新182話ネタバレ感想です。

今週は妹、弟世代のお話!この世代にも、新キャラが登場でますます面白くなってきました~(* ´艸`)

今日のお気に入りシーン

硬派な片居妹が、古見弟のイケメンオーラで思わず少女漫画化してしまうところ。

(えっえええ~~~~~~~~~っ❤)キュンキュ~~~ン☆

古見さんは、コミュ症です。182話あらすじ※ネタバレあり

夏休み前のお話です。

片居くんの妹、片居愛ちゃんは、古見さんの弟笑介くんや、只野くんの妹瞳ちゃんと同じクラスだったんですね!

でも、愛は今まで学校に来てなかったようで、夏休み前になってようやく初登校。

愛は自分が硬派であると考え、学校のみんなを軟派な野郎どもだぜ!!と思いながら廊下を歩いています。

硬派な愛も惑わす笑介のイケメンぶり

「うーす。」

ダーン、と大きな音を立てて扉を開け、教室に入ってくる愛。

今まで学校に来ていなかったので、クラスメイトはみんな、誰?状態。

特攻服を着ていてどう見ても恐い。もちろんみんなは遠巻きに。

(家の近くの学校はクソ兄貴が行っちまってるから、二番目に近いこの学校に来たが、どいつもこいつも腑抜けた顔しやがって…!クソ軟派な連中ばっかりだ…!)

やっぱり学校なんて来るもんじゃ…と思いかけた愛でしたが、笑介の横顔が目に入ると別人に。

(えっえええ~~~~~~っ❤)キュンキュ~~~~ン☆

あ…タイプだったんだね( ^ω^ )

しかし、愛はすぐ正気に戻り、アタイは硬派なんだ!しっかりしろ!!と気合を入れます。

瞳のコミュ力が炸裂。

「おはよう!片居愛ちゃんだよね?」

話しかけたのは、級長でもある瞳。

よろしくね!と言う瞳に対し、誰ともつるむ気はねぇ。と硬派な愛。

ですが、瞳のコミュ力はただごとではないw

椅子に座った愛の前に行き、マシンガンのように質問を浴びせます。

「どこの中学だったの?小学校は?血液型なに?部活はなにやってた?趣味は?習い事は?どこ住んでるの?~後略~」

「なんだよオマエ!誰ともつるむ気はないってアタイ言っただろ!」

「ふっふっふ。いいんだよ。わかってる。ほんとは友達欲しいんでしょ?あたし級長だからさ、任せてよ」グッ(*’v`)b

「ハナシ聞いてたか!?」

瞳の友達作ろう作戦

学校が初めての愛を、学校案内してあげるという瞳。

愛はそんな瞳がウザくて、思わず拳を振り上げますが気にしない瞳。

休み時間になり、愛ちゃんと一緒に学校探検行きたい人ー!と一人盛り上がるも、みんな見て見ぬ振りで気まずい空気にw

「んだこれ!!」

瞳は、クラスを見渡し「んーーー…」と考えた結果、笑介を捕まえ、行こっか!と引きずります。

その時、(えっ…)と、また乙女な愛ちゃんがちょっと漏れてますw

クラスメイトは(瞳ちゃんすごい…)と見送ります。

ハナシ聞かない瞳と、不良の抗争。

理科室や家庭科室を案内する瞳(と、黙ってついてきてる笑介。)。

「チッ…やってられっか!アタイは不良だ!もともと生きる世界が違うんだよ!」

愛はそう言うと、去りながら付け加えます。

「…どうせもう二度と学校に来ることもないぜ。じゃあな。」

引き止める瞳…と思ったら、出てきた言葉は

「好きな色は?」

あえて空気読まない瞳が好き…(* ´艸`)

「ハナシ聞いてたか!?」

愛ちゃんはツッコみですね(´^ω^`)

 

その時、窓の外から愛を呼ぶ声が。

「片居ィィーー!!出てこいやコラァーーっ!!ここにいることはわかってんだぞーーっ!!」

校庭に、デコチャリで特攻服を着た集団がパラリラパラリラしています!

不良は、生徒を人質に取って愛を呼びます。

「早く出てこねーとこいつのご両親と学校関係者各位が悲しむことになるぜぇ!?」

「チッあいつら!!」

「愛ちゃん!」

不良を蹴散らす…笑介?

「ケッ…きたねぇ真似しやがって…!」

校庭に下りてきた愛。

「ヒヒッ、あんたがこんな良い子ちゃん学校に入学したなんて噂がほんとだったとはね!!」

ギャラリーの生徒は、(不良の抗争ってほんとにあるんだ…!)とカルチャーショックw

この人質がどうなってもいいのかい?と、不良は人質の顔にナイフを…ええっと…バターナイフを当てます!!wwww

(マーガリン塗るやつ!!)←みんな

ドサッ、と地面に座り込む愛。

「アタイのことは好きにしな。でもそいつは放してやってくれ。」

(こ、硬派…!!)←みんな

「やっちまいな!」

不良達が愛に向かって走り出し、愛は袋叩きに…

「やめろ!」

ザっ、と後ろから呼び止めたのは笑介…?

ではなく、笑介を盾にして瞳が後ろから笑介の声真似を!!コナン君方式!!

「貴様らの悪行…この俺が見過ごせねぇ!!!!(イケボ)」

「な、なんだいあんたは…正義の味方ごっこならよそでやりな!」

言い返す不良…でも手下たちはみんな、(イケメン…!)(イケメン…!)と笑介に見惚れていますw

黙って立っている笑介。

リーダーにどやされて笑介に向ってくる不良達。攻撃をかわす笑介でしたが、1人が振り下ろした棒が笑介の頬をかすります。

「へっ…女だからってナメてんじゃねー……」

「ぜ。」

笑介に睨まれて、口ごもる不良。あ、笑介ちょっと怒っちゃった…?

その時。

「そぉい!」

不良が1人、また1人と瞳の一本背負いで投げられて行きました。

笑介に気を取られている不良達を、背後から1人ずつ仕留めていった瞳。

瞳ちゃんつえーーーwww

 

不良にやられて気絶していた愛が目を覚ますと、そこには不良達の山が出来上がっていました。

「なっなんだこれ!全部お前がやったのか!?」

笑介に問う愛。しかし笑介は特になにもしてないので黙って去ります。

(礼も言わずに無言で去って行くなんて…なんて硬派なんだ…!!)

笑介が助けてくれたと思い込んだ愛。(す、好き…!!)と、1話であっさりフォーリンラブw

おいおーい万場木さんなんてまだ片思い認めてないというのに!(‘∀`)

好きだと自覚したら、普通に正攻法な愛ちゃん。

次の日。

「これっ…たっ食べてくださいっ!!」

笑介の前に重箱のお弁当を出す愛。

真っ赤になって渡すと、走り去って行きました。

ポン、と肩を叩かれ笑介が振り向くと、そこにはどや顔でグッ☆と親指を立てる瞳がw

瞳は何も言わず、笑介を追い越すと愛に話しかけました。

「おはよう愛ちゃん!」

「あ゛?なれなれしく話かけてんじゃねーよ。どっかいってろ。」

「好きな色は?」

どうしても好きな色が知りたい瞳www

愛ちゃんの好きな色は、あかだそうです。

 

その夜、笑介はお腹いっぱいで夕ご飯を断っていました。

あの重箱ちゃんと食べたんだー…!イケメン!(´▽`*)

古見さんは、コミュ症です。182話感想まとめ

笑介達の話大好きーーーもっとやってーーー(*゚∀゚)=3

瞳ちゃんコミュ力だけじゃなく戦闘力も高いんだね!兄はケンカなんかしたことなさそうな風に見えるのに…

そして、笑介くんのイケメンぶりが不良も黙らすとは。

古見さん達のクラスもですが、こっちのクラスも濃いキャラ多くて楽しいです(*^▽^*)

次号は休載だそうですが、次のお話も楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です