食戟のソーマ最新297話ネタバレ!イサミがオネエに監禁された(;゚Д゚)団体戦のタクミピンチ!

週刊少年ジャンプ2019年10号に掲載の、食戟のソーマ最新297話ネタバレ感想です。
次の試合は団体戦!?そして登場する20人超えのオネェ達…!!www

今日のお気に入りシーン

ヒーローは遅れて登場!ばりに、ドアをバンッと開けて現れた創真。
「ようタクミィ お困りらしいじゃねーか」

食戟のソーマ297話あらすじ※ネタバレあり

オネエ集団と団体戦のタクミ。オネエの統率力すごそう

次の試合は、タクミ対ドン・カーマ。

ドン・カーマは一見、有能な執事のような風貌ですが話ことばはオネェです。

会場にアナウンスが。

「この試合はそれぞれサポートメンバーを用意して行う 団体戦となります!」

ドン・カーマは、タクミに自分達もお互いの道具を賭けて戦うことを提案。

タクミの包丁をゲットすれば、朝陽が喜んでくれるというのが理由だそうです。

タクミは、どうしてオレがそんな事する必要が?と、賭けには乗らない様子ですが…前回の戦いも、別に賭けに同意してなかったけど取られちゃったからなぁ(;´Д`)

 

さて、ドン・カーマが呼び寄せたサポメンは、20人近くのオネェ達!

現れたオネェ達は、ドン・カーマをママと呼びかしましく騒ぎます。

「ごめんなさいね騒がしくって 怖がらないで?みんな良いオネエだから♡」

「あ…えぇ 実家の常連にもいらっしゃいますから別に……」

タクミは、平静を装いますが、一度に大量のオネェ達を見るのは初めてで、内心動揺w

ってか、良いオネエってw悪いオネエも居るの??( ´ ▽ ` )

 

オネエ達は迫力すごいですが、お店でママを中心に頑張っているだけあって、統率力は高そう。

この試合にもってこいの料理人と言えます。

 

でも、タクミも連携プレーなら負けません。

弟のイサミとは、集団調理において最強のタッグとして成長してきたのです。

遠月に剛勇の双子ありとの噂が広まったのは、高1の3学期が始まった頃。

タクミ達は連日コンビの挑戦者が来訪しまくり、その全てに圧勝。あまりのハードな日々に、夏を待たずしてイサミがスリムになってしまう程!w

コンビ戦において、この2人は無敵と言わしめた兄弟なのです。

タクミはオネエに拉致られてた!そこへ助太刀に来た創真

タクミは、スマホでイサミに連絡します。

『イサミ、もう始まるぞ 今どこだ?』

しかし、イサミからの返信がありません。

タクミは、普段なら数秒待たずに返信が来るはずのイサミが、既読すらつかないことに焦ります。

その様子を、見ているドン・カーマ。怪しい雰囲気です。

(まさか…貴様ら……!?)

タクミの思った通り、イサミは、ドン・カーマの配下の別のオネエ達により、監禁されていました。

タクミのサポメンが来る前ですが、ドン・カーマ達は調理を始めています。

シェイカーを振り振りするドン・カーマ達。会場の人達は、ここはBARじゃなくて厨房だぞ!?と驚きますが、そのシェイカーで混ぜられていたのは、カクテルではなく、ソース。

「あらぁ~~~~?そちらは一人?すっぽかされたの?だったらアタシ…不戦勝って事になるのかしら」

シェイカーを振りつつ、タクミを挑発するドン・カーマ。

これから別の助っ人を呼んでみても、自分達の連携に対抗できる料理人なんて今すぐ用意出来るはず無いと余裕ぶっていますが……

 

その時、バンッ、と厨房のドアが開き、やってきたのは創真。

「ようタクミィ お困りらしいじゃねーか」

「…フン 別にキミを呼ぶつもりなど微塵もなかったが まぁ話が早いな」

捕まっているイサミも、オネエに向かって笑顔で、「こんな事してもムダだと思うな~~」と話しかけます。

「兄ちゃんの力を一番引き出せるのはボクなんだけどー

その次に兄ちゃんを活かせるヒトが あの会場には居るんだよねぇ

ここから巻き返しっすね!?(≧∀≦)

食戟のソーマ297話感想まとめ

イサミは、縛られて捕まっても自分のペースを崩すことなく、いつも通りのおおらかさですね( ´ ▽ ` )

しかし、良いオネエって言ってたのに……悪いことしてんじゃんかー!( ≧Д≦ )

こっから、創真とタクミのコンビで巻き返しですきっと!!(# ゚Д゚)

次号はセンターカラーです!楽しみですね~(*^▽^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です