古見さんは、コミュ障です。175話ネタバレ!擬似姉妹可愛い!

古見さんは、コミュ障です。の最新話を読んだので、あらすじと感想をネタバレ有でご紹介します。

実は初見なんですが、このほのぼの感…ツボ(*’v`)b

古見さんは、コミュ障です。175話あらすじ※ネタバレあり

古見さんちで一週間預かることになった澪ちゃん。

無言で朝食を食べていると、古見家母が「天気も良いし、外で遊んできたら?」と声をかけます。

言われたふたりはなぜか照れ照れ…((ノェ`*)っ))タシタシ

古見さんは紙に「こうえんにいきましょうか。」と書き、澪ちゃんは「はい」と書き。

筆談する二人に、母は「なんなのこのこたち…」と不信顔(笑)

何この可愛い生物×2……

 

公園につくとすごい暑さ。ベンチに座ると、古見さんは澪ちゃんにそっと麦わら帽子をかぶせてあげます。優しい。

澪ちゃんが四葉のクローバーを探していると、古見さんのクラスメイト尾根峰さんが、きょうだいを引き連れて現れました。

「シャアのねえちゃん!!!シャアのねえちゃんだ!!!」

「あそぼ!!!シャアのねえちゃんあそぼ!!!!」

と、尾根峰家の次男次女にさらわれる古見さん(笑)

それを見ながら、自己紹介を済ませた尾根峰さんと澪ちゃん。

夏休みの自由研究のため、シャボン玉をしに来たそうです。どれだけ飛ぶかの実験…いいね(*^▽^*)

一緒にやる?と誘われ、古見さんにも手招きされ、澪ちゃんかけだします。

しゃぼん玉上手な澪ちゃんと、吹くの下手ですぐ割れちゃう古見さんコンビかわええええええ(* ´艸`)

 

その時、何かをひらめいた古見さん。尾根峰さんに耳打ち。

それは、シャボン液にガムシロを入れると割れないシャボン玉になる、というテレビで得た情報でした。

割れないシャボン液を作るおねえさん達に、次男が

「なにすんのなにすんの!なにすんのなにすんのなにすんのなにすんのなにす「うるさい」

って、なんでも繰り返すテンション可愛いな(笑)さっきもシャアのねえちゃんだ!って繰り返してたもんね(笑)

 

服で受けるとぽんと弾んで割れないシャボン玉に、こどもたち大興奮!

次男はガムシロの甘い匂いで思わずシャボン液を吸う!!そして咳き込み姉にバカにされる!!(笑)

そして次女は脈絡なく古見さんにカンチョ―攻撃繰り出そうとじりじりしてる!(笑)(笑)

しっちゃかめっちゃかで、澪ちゃんもいつの間にか満面の笑顔…(*^▽^*)

 

割れないシャボン玉がクローバーの群れの上に落ちて、その場所で四葉のクローバーを発見した澪ちゃん。

振り向いて、ごく自然に「硝子おねえちゃん!」って、古見さんに呼びかけたのでした。

古見さんは、コミュ障です。175話感想まとめ

コミュ障の硝子おねえちゃんと、しっかり者ではきはきした澪ちゃん。

徐々に距離が近づいていく感じが何とも言えず可愛いです。

澪ちゃんのお母さんが迎えに来る頃には、離れがたくなってるんじゃないかな…

ほのぼの切ない感じ大好きです。続きも楽しみ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です