ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~4話ネタバレ!

月刊少年サンデーGX2019年2月号に掲載の、ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~最新3.5話ネタバレ感想です。

今月はショート2本立て、4話はアキラとのLINE交換を拒んだあのおねえさんのお話です!

まずは前回のお話のおさらい!

ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~3.5話ののネタバレ感想はこちらをご覧ください。

ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~3.5話ネタバレ!

好きなコミックスをまるごとを無料で読むには?

U-NEXTの無料お試しを利用すれば、無料お試し中に貰える600ポイントを使って好きなコミックスを無料で読むことが出来ます!

※無料期間内に解約すれば、料金はかかりません。

↓31日間無料お試し&600ポイントプレゼント!↓

U-NEXTに登録して、無料で漫画を読む!

ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~4話あらすじ※ネタバレあり

今日のお気に入りシーン
逃げ込んだデパ地下で図らずも夢達成したアキラ。

「なんか…この状況って…コンパっぽくね?」

100のことのうち1つ、ベランピングを満喫するアキラとケンチョ

地上がゾンビ達で溢れかえり、火の手もあがる地獄と化している中。

アキラとケンチョの2人は優雅にベランピングを楽しんでいました。

ベランピングとは、自宅のベランダで豪勢に行うキャンプのこと。なるほど…ベランダにテレビゲームを持ち出したり、テントを張ったり本当に豪勢ですね。ってかベランダ広っ!

ここはケンチョの家なのかな?

バーベキューだけでなく、ケンチョの手づくりのパエリアらしきものを食べて、超うめぇ!と興奮するアキラ。

ケンチョは料理も出来るんですね~。スキなしです。

大きなテレビを買いに池袋へ

「ゾンビになるまでにしたい100のことねぇ…」

ケンチョは、アキラの作ったリストを見てつぶやきます。

「だからってお前、『CAとコンパ』って…さすがに無理ねーか?」

「会社辞めて目が覚めた。これからは、自分のやりたいことにブレーキはかけねぇ!」

「人をここまで開放的にさせるブラック企業ってのは恐ろしいな……」

ですが、リストが100に到達していないことに気付いたケンチョ。自分の夢、お笑い芸人になるを、勝手にリストの下に追加しますw

そして2人は、リストの11大きなテレビでゲームやりまくるを達成するため、池袋へ向かいました。

 

「こいつは、やべーぞアキラ…」

廃墟と化した街の中を、バイク2人乗りで走っていく2人…うん、事故車がそこいらに転がり、周りにゾンビも多数。こいつはやべーな…!

「芸人になるには、養成所化事務所に入るか、弟子入りするしかねーらしい…道のりは遠そうだぜ」

そっちかよ!www

「全裸になるのに師匠とかいらねーだろ?」

「なぜ、裸芸だと決めつける…?」

いえ、あの芸は是非持ちネタにして欲しいですよwww

アキラは、なんで芸人になりたいのかケンチョに尋ねました。

ケンチョは、ガキの頃からお笑い番組は人一倍好きだったし、いつかなりたいとずっと思い描いてた。夢だったからかな?と答えました。

アキラはそれを聞いて、自分の夢とは?会社を辞めた後、就きたい仕事はあったんだろうか?と考えました。

これは何かのフラグですかね??勇者になりたいとか????

 

池袋についた2人ですが、街はさっきまでの道路より悲惨な状況です。

消防車が燃え、ゾンビがガソリンをまき散らしながらトラックを運転しています。それを避けようと、バイクで逃げた先は地下鉄構内。

その瞬間、2人の背後では爆発音が。間一髪でしたね。このシーンはすごい迫力でした。

 

やっと逃げ込んだ地下ですが、ここもゾンビでいっぱいでした。

2人は、少しだけ開いたシャッターを見つけ、そこへ滑り込み、急いでシャッターを下ろしました。追ってくるゾンビの手が挟まります…またも間一髪でした。

しかし、シャッターに逃げ込む時の台詞が「家電売り場があるかもッ!」って…アキラすごいw

地下街に居たCA3人組とおじさん1人

「あなた達……感染は…してないんでしょうね…!?」

中には、3人のお姉さんと、1人のおじさんが隠れていました。

「良かったよ!他にも生存者がいて。」

「何がよかったってのよ。ゾンビに囲まれてどこにも出られないっていうのに…!」

あらら。皆さん、絶望しているようです。これが普通の感覚でしょうね。

「…まあ、時間が経てばそのうち奴らも移動するかもしれないし、まずは悲観的にならずに考えようぜ。」

その言葉を聞いたお姉さん。少し落ち着いて、幸いここはデパ地下だから、当面の食糧には困らないし…と、少し前向きに。

ケンチョも、今は全員で協力してこの危機を乗り越えようぜ!と励まします。

「だからって…飲まなきゃやってられないわ……」

「私も…」

「アンタ達も要る?」

「え?じゃあ、もらおっかな。」

「とりあえず自己紹介でもしてみる?」

あれ?この状況ってコンパっぽくね?

しかも、お姉さん達はロスからのフライト帰りのCAさんでした!ワーオ!夢叶ったね!!(≧∀≦)

しかし、念願のCAさんとのコンパだというのに、明らかに盛り上がっていないことに焦るアキラ。

なんでもいいから話題を、と、聞いた質問が彼氏いるんですか。聞かれたユカリさんは、今聞かなきゃいけないことなんですか…?とテン下げ…しくじったね。゚(゚´Д`゚)゚。

頼みの綱のケンチョは、同じ福岡出身のマキちゃんに個人プレーで盛り上がってます。

俺だって仲良くなりてぇ…!と、アキラは開き直り。

「漢、天童輝!!ブラック会社に3年勤め、根性と忍耐だけは誰にも負けません!今からテキーラ鼻でイッキしてみせますッ!!」

最初ドン引きだったみんなですが、最初にお酒を飲み始めたレイカが乗ってくれたことで、意外と盛り上がりました。ケンチョの裸芸もお出まし!いや、その芸至近距離は怖いわ…!www

トイレで吐いているアキラの背を、そっと撫でるユカリさん

テキーライッキはさすがにきつかった模様。アキラはトイレでグロッキー。

あそこでイッキは違ったよな…絶対、ただのノリのキモイ奴って思われちゃったよなー。

けど…そこそこ楽しんでくれたっぽいしまあいっか……

と、反省しながら、おえ~~っとしていると、アキラの背中をそっと撫でる手が。

「あの…大丈夫…ですか?」

その手の主はユカリさん。あれ…?この展開は…?

 

気付けば男女は3組に分かれていました。ケンチョは酔ってしまったマキちゃんを、寝具売り場へ連れて行こうと階段へ。早速かい!www

レイカはすっかり出来上がって、ここまで台詞がほぼないサラリーマン風のおじさんに管巻いてセクハラ親父どもの愚痴を吐きながら、カウンターで寝てしまっています。

そのおじさんの様子が、なんだかおかしい。

呻き声を上げて、息が荒く…そのふくらはぎには、噛まれた跡が…!

お巡りさーーーん!この人感染してます!!

 ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~4話感想まとめ

やーこわいよぉ!!

おじさん絶対ゾンビになっちゃうじゃん!超至近距離にいるレイカが危うい。

そして、ユカリさんはただ優しさからアキラの元へ来たのか、それにしては表情が固くて何かありそーな感じなんですよ。

この後どうなってしまうのか。月1連載で待ち遠しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です