天を射る2話ネタバレ!勘当されて森で美少女と出会うという展開。

ビッグコミックスピリッツ2019年7号掲載の、天を射る2話ネタバレ感想です。

新連載2回目の今回。ラストで女の子キャラが出てきましたよ^^

1話を読み逃してしまった方、前回の感想で登場人物等紹介していますのでご覧ください。

まずは前回のお話のおさらい!

天を射る1話のネタバレ感想はこちらをご覧ください。

天を射る第1話ネタバレ!江戸のオリンピック「通し矢」に挑む貧乏武士の熱血ストーリー

天を射る2話あらすじ※ネタバレあり

前回のラストでは、尾張藩の弓術指南役の長屋六左衛門から、内弟子にならないかと誘われた勘左が、条件がありますと言うところで終わりました。

勘左の弟子入りの条件とは。

「俺の弓にはダイノジが要る。だから、ダイノジと二人一緒が条件です。」

勘左が弓の夢を追いかけるきっかけをくれた親友、大ノ新。自分の親友を、一緒に弟子入りさせてくれというのが勘左の出した条件でした。

ただしいきなり内弟子にしてくれというのではなく、二人一緒に入門試験を受けさせてくれというのが勘左の願いでした。

六左衛門の従者は、弓に向き合うのは、己一人、天下惣一を友となどとたわけたことを。と言われてしまいますが、勘左は、人は仲間のためにのみ、無限に強くなれる。弓の道でもそれは同じはずと言い返します。

六左衛門は勘左の物言いが気に入った様子。三日後の入門試験で会おう。と言いました。

 

試験に向けて練習をする二人。大ノ新は、自分の作った矢は一流の物と違ってムラがある、試験に向けてなるべく良い矢を選んでくれ、と勘左に言います。

勘左の方は、良い矢はお前が取っておけと言い、二人ともお互いの心配をしています。

大ノ新は、勘左が自分のことを気にして弟子入りの話を蹴ったと思ったんですね。

しかし、勘左は必ず二人で突破する!と言い切ります。大ノ新も、それに答えておっしゃあ!と叫びました。

勘左、父に勘当される。

その日の夜、家に帰ると兄の彦左衛門が待ち構えていました。

部屋をうつし、父と兄とで勘左に、入門試験を受けるというのは冗談なのだな?と問いただします。

うちの懐事情はわかっておろう、と、父は勘左に弓を捨てるよう言います。

天下惣一は兄に任せ、弟のお前はそれを支えるのが筋、と説きました。

勘左は、今までずっと、天下惣一を目指すのは兄者。三男坊の自分がそんな夢を見ちゃいけないものと諦めてきた。

けれど、弓は自分の夢であり、命を懸けてでも成し遂げたい、と気持ちをぶつけました。

そんな勘左に父は、従えぬなら出ていけ、と勘当します。

勘左は、わかりました。星野の名を捨てます。それが俺の覚悟です!と飛び出して行きました。

次兄の伊右衛門は優しいお兄ちゃん

飛び出してきたはいいものの、お腹を空かせていた勘左の元へ、やってきたのは次兄の伊衛門。

どうしてここに居ることがわかったのかと聞かれ、自分も5歳の時、父と喧嘩した時にこの小屋に3日いたと話しました。

5歳児が3日も…すごいΣ(´∀`;)勉学がしたくて父と喧嘩になったそう。意識高いな。

ちなみに、長兄の彦左衛門も弓を始める時、同じ様に父と喧嘩になりこの小屋へ来たそうな。

似た者兄弟ですね。

 

握り飯を持ってきてくれたイエお兄ちゃん。勘左は、自分は勘当された身…と最初は受け取りませんが、要らぬか、では…とイエ兄が食べる真似をすると、要ります、ください。お願いします。と血相を変えます。

そんな勘左を見て、イエ兄はふふふと愛おしそうに笑いました。弟想いの優しいお兄ちゃんです。

イエ兄は、あと一年待てば自分の給金が出るようになるから、それまで我慢してその間は彦兄に弓を習うことにしては、と提案します。

しかし勘左は、試験は3日後だ、と譲れません。頑固な勘左に、イエ兄は、自分は本を読んでいる時、その本を書いた偉人と何人も出会った。と、勘左の気持ちを自分の気持ちに当てはめて理解を示しました。

「これを…」

イエ兄が差し出したのは、弽(ゆがけ。弓を引く時に使う手袋のようなもの)。

「母上からだ。」

母は、勘左がこっそり弓を練習していることに気付いて、自分の着物をほどいてそれを作っていたのでした。

父上もいずれ理解してくれよう。しばらくは野山の木の実と魚で凌ぐしかないが、それが無理なら母上の握り飯を食べに帰ってこい、というイエ兄に、勘左は頑固さを見せます。

父上の許しを頂きうちに戻るのは、天下一となる時!それまでは、決して家の敷居はまたぎません!!と啖呵を切りました。

「その意気だ。弓と生き、弓と死するがよい。だが、私達家族は、いつもお前の味方だ。達者でな。」

イエ兄は帰って行きました。

自給自足の生活を始める勘左が出会った謎の美少女

翌日。勘左は川で魚を取っていました。そこへ、捜したぞ、と大ノ新がやってきます。

勘左は大ノ新に、狩りは難しいなぁ~魚一匹に一苦労だ。と漏らします。

家出したんだって?まったく、この大事な時に…と大ノ新に言われた勘左は、自分でもなんでそこまで弓にこだわったのかわからない、と言いました。

でも、これだけは、命を懸けてもやりたいって思った。と、さっぱりした笑顔で。

魚を食べ終わった勘左は、大ノ新と再び狩りへ。今度は水辺の鳥を狙います。茂みにかくれて弓をかまえていると、横から弓が飛んできて、鳥が仕留められました。

誰かに先を越されてしまったんですね。

その若武者は馬から矢を射っていき、勘左は全ての矢を急所にあてたその腕に驚きます。

仕留められた鳥を拾っていると、若武者が馬を回して来ていいました。

「かたじけない、助かる。」

「!?」

その声の主は、女の子でした。しかもめっちゃ可愛い、黒髪ロング(この時代では当たり前かw)の美人さん。

「お、おんなぁ!?」

勘左の驚いた声に、女の子はキッと勘左をにらみつけます。

入門試験まであと三日。この出会いは吉か凶か!?

天を射る2話感想まとめ

美少女登場。この子は、1話にちらっとだけ出てきた道場に居た子ですね。

六左衛門の娘なのかなーと思ってますが、どうなんでしょ。

弓の腕は抜群のようなので、勘左に教えてくれたらいいけれど…どうも、おんなぁ!?発言は彼女を不快にさせたようですね…(;^ω^)

スポ根漫画でも恋愛要素は重要だよね!特に出会いが最悪で徐々に距離が縮まっていく系の話は大好物なので、続きがますます楽しみになってまいりました~(*^m^*)

好きな漫画を無料で読むには?

漫画が無料で読めたらいいなって思いますよね!

漫画を無料で読む方法を、以下のページでご紹介しています。

漫画村の代わりに!漫画を無料でまるごと読む方法!U-NEXT編 漫画村の代わりに!無料で漫画を読む方法!music.jp編

どちらもお金がかからずのコミックスを読むことが出来るのでチェックしてみてください(*^▽^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です