魔王城でおやすみ第131話ネタバレ!えっ?……えっ…えっ……?えっ…!〇〇〇さんなの…?

週刊少年サンデー2019年6号に掲載の、魔王城でおやすみ第131話のネタバレ感想です。

今週は姫の凶悪さは影を潜めて、年相応(何歳なんだろ??)の可愛らしさ全開のお話でした^^

まずは前回のお話のおさらい!

魔王城でおやすみ第130話のネタバレ感想はこちらをご覧ください。

魔王城でおやすみ第130話ネタバレ!あなたに朝から晩まで傍にいてほしい姫。

魔王城でおやすみ第131話あらすじ※ネタバレあり

一昨年に引き続き、去年のクリスマスも一番わるいこに選ばれてしまい、ブラックサンタからじゃがいもと石炭の山を部屋に置かれた姫。

年が明けても全く減っていないじゃがいもと石炭に囲まれ、しゅん…と寝ている姫を見て、とげちゃん達魔物は心配げです。

「なぁ…俺たちが赤いサンタになって…プレゼント…置いといてやろうぜ。」

言い出しっぺのとげちゃんが赤いサンタ服を着こみ、白髭を付けてプレゼントを背負ってどーん。

とげちゃんのサンタコスがツボって大爆笑の同僚達。いや、普通に可愛いよ!!w

プレゼントの中身は駄菓子詰め合わせです。

ミノタウロスが正体バレだけは気をつけろととげちゃんに忠告。

「それ置いたらスッと帰ってくるんだぞ。姫騙されたりするとすげー怒るんだから…」

「わかってる。」

(よし…寝てるな。ていうか寝てる間に戻るならこの格好ムダじゃね?)

とげちゃんの考えに反し。姫は布団の中で目を覚ましばっちりとげサンタは見られてしまいました!

「えっ?……えっ…えっ……?えっ…!えっ…えっ…」姫えっ…って言いすぎですw

とげちゃんは姫が震えながらえっ…えっ…って連呼する様子に、正体バレた!?姫がキレそうだ!!!と焦りますが…

「…サンタさん…なの……?((((*゚д゚*))))プルプルプル…」

えっ…とげサンタを、本物のサンタさんだと信じた姫可愛い……///

「……年も明けたのに…来てくれたの…?」

「あ、ああ…」

とげちゃん、勘違いされたまま貫くようです。

姫は去年のクリスマスには大変なお願いをしちゃったよね、とサンタに語り掛けます。

まさか国を巻き込むとは思わなかったけど…

なんだかんだ死者も出なかったしね!

と言う姫に、とげちゃんは、何を頼みやがったこの女!?(※帰省)と思いながらも、やべぇ…そんな大したもん持ってきてねぇ!と、駄菓子を出し損ねます。

それを姫は、私が起きてたら置けないよね。と勘違い。

サンタさんの素敵なプレゼントは朝のお楽しみにするね…!!と、サンタのハードルをどんどん上げていきますw

「あの…あんまり期待はせずに…」

「あ!先に渡しておくね。」

姫はサンタさんへまくらのプレゼントと、トナカイさんたちにもブランケットをプレゼントしました。

(俺たちのプレゼントより明らかにいいものをくれるよこの姫ー!?)

更には、寝ちゃったらお礼言えないところだった…ありがとう……!!

ときらきらした目で言われて、もうやめてくれー!!なとげサンタ。

姫がすやぁ…した後、魔物たちはお通夜状態です。

「…どうする…?」

「どうしよ…」

「あの期待に添える品なんてここにはねぇ…」

ミノタウロスは、わかった俺牛肉になる!!最高級だぜと言い出しますが、お前それ死ぬけど大丈夫!?と止められ…wみんな姫をガッカリさせたくなくて考えますが、何も良い案は出ず、潔く諦めて駄菓子の詰め合わせをまくらもとに。

 

翌日。

 

「ねぇ!!見てこれ!!」

とげちゃん達の前に、8の字チョコを目に装着した姫が現れます。

「すごい見たことない!このおかし見たことない!みんなで食べよ!!」

姫はセレブすぎて駄菓子が珍しかったんですね~。

すごい喜んでるけど、みんなは涙涙。w

「…いいよ…姫が食えよ…( ;∀;)」グスン。

魔王城でおやすみ第131話感想まとめ

姫が元気ないと心配になっちゃう魔王城の皆さん。

そしてアニキなとげちゃん。

姫愛されてるぅ(〃艸〃)ムフッ

でも姫本当何歳なんでしょ??サンタさんのプレゼントが嬉しいお年頃だけど、仕事してる時はかなりしっかりしてて大人っぽいですけど…

年齢不詳な姫ですね。

次号は魔王様の昔の恥ずかしい写真が出てくるそうです!早く見たいよその写真(*`艸´)ウシシシ

このお話の続き、魔王城でおやすみ132話のネタバレ感想はこちらをご覧ください。

魔王城でおやすみ132話ネタバレ!レオ君と魔王様の恥ずかしい過去が恥ずかしすぎるwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です