あおざくら防衛大学校物語第117話ネタバレ!近藤くんは柔らかいのが苦手。

週刊少年サンデー2019年6号に掲載のあおざくら防衛大学校物語最新第117話のネタバレ感想です。

新章突入したところで前号は合併号だった為2週間待たされましたよ~。

予想した通り、待った甲斐のあるお笑い回です(* ´艸`)

表紙からして男二人のポーズ、しかも表情固すぎwww

 

まずは前回のお話のおさらい!

あおざくら防衛大学校物語第116話のネタバレ感想はこちらをご覧ください。

あおざくら防衛大学校物語第116話ネタバレ!ダンパでラブコメ展開の予感

あおざくら防衛大学校物語第117話あらすじ※ネタバレあり

沖田の1人社交ダンス披露で始まった今回。

沖田はパパが海自でダンスに馴染みがあるようですね。お姉ちゃんが近藤に呼ばれてパーティーにくることは知らない様子です。

近藤がダンスパーティーに出ると聞いていても立ってもいられず部屋を訪ねてきてるんるんの沖田ですが、やるべきことをほったらかして来てしまったのでこのあと坂木にめちゃくちゃ怒られました。

ダンスパーティーの参加者の抽選はもう終了したようで、武井は抽選漏れしてショックの雄たけびをあげていました。

女子との出会い、しかもダンパに来るのは他大のミスコン出場者や才女らしいので、武井が必死になるのもうなずけます。

でも、抽選で漏れたからと言ってこんなビッグチャンスを黙って逃す武井ではありませんよ!

近藤はスキルを活かし上手く忍び込んだようだな…オレもこのまま引き下がっていられるものか……

と、PCの前で燃えています。どんな手を使ってダンパに潜り込んでくるんでしょうw

 

ダンパとは関係なさそうな原田も、何やら不振な動きを。坂木の部屋から出てくるところを武井に目撃されます。しかもなんか深刻そう?な顔…

呼び出しにしては、近藤小付が一緒じゃないし。なんだろうね??

 

近藤はご飯のあと講堂でいよいよダンス特訓を開始します。

坂木と松岡に教えられて、まずは基本のワルツを。

1・2・3のステップを踏みますが、ぎこちない近藤の動きに坂木は「呪われてんのかテメェ」www

不安を覚えつつも次のステップ、パートナー付きでの練習に移ります。

パートナーの女性役は坂木w

1・2・3の動きすべてで坂木の足を踏む近藤ww

「テメェ、ふざけてんのか!?」

「し…真剣ですって!」

近藤は予想以上に動きが固いということがわかりました。

儀杖隊のようなカッチリした動きより、柔らかい動きが求められる社交ダンスには不利ってことですね。

かなり練習が必要になりそうです。

とりあえず、3拍子のリズムで四角を描くボックスという動きを練習することに。

 

日常生活でも1・2・3のリズムを意識して生活する近藤は、ぞうきんがけがボックスの動きになっていて怒られたり、儀杖隊の練習も3拍子になって拍がズレたりとみんなに怒られています。

でも、常に意識していた甲斐もあり、肩の力が抜けて動きがマシになってきました。

そこでまた、坂木と組んで動きを練習すると見事ボックスのステップが上手くいきました。

「できた!」

「やれたじゃねぇか。あとは本当に女子とやれるかだな。準備はしておいた。おい!」

坂木が準備したのは、西脇子ちゃん

アカシア会の公式練習まで、彼女をパートナーとして練習するそうです…

脇子ちゃん……登場シーンの効果音がドンッだし、練習スタートした時の効果音はブヲンなんだけど?!www

こんな女子いる!?!?www

近藤も脇子の登場に唖然としてほそーくなっちゃってますw

ちゃんとリードしろ!って怒られちゃってるけどどう考えても理不尽www

坂木がやった方がまだ女性役として向いてるでしょ~。

ダンスパーティーまではあと10日!!近藤頑張れ(*^m^*)

あおざくら防衛大学校物語第117話感想まとめ

近藤くんの動きが呪いの踊りになっていたり、足踏みまくってたり、脇子出てきたりとギャグ回でしたね~(*’v`)b

あ、坂木のダンスシーンは普通にかっこよかったですよ。

本番は各男性キャラそれぞれが女性と組んだところも見られるのかな?

そして、近藤は誰と踊るのか?乙女ちゃんとは坂木に踊らせてもらえなそうだし、ここは松井ちゃんでしょうか。

いや、他の女子も忘れちゃいけないしね!

展開楽しみです(*^▽^*)

このお話の続き、あおざくら防衛大学校物語118話のネタバレ感想はこちらをご覧ください。

あおざくら防衛大学校物語118話ネタバレ!15人の女性に交際申し込み~~!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です