先生は恋を教えられない第9話ネタバレ!先生が欲しいものは荒瀬君の〇〇です。

ゲッサン2019年1月号に掲載の『先生は恋を教えられない』最新第9話のネタバレ感想です。

食い気が勝るお年頃の荒瀬君。

そんな彼に、大人っぽく振舞おうとして失敗する先生。w

先生は恋を教えられない第9話あらすじ※ネタバレあり

ザンギの差し入れを持って荒瀬君の家へ来た先生。

ザンギってどこの食べ物だっけ…?※調べた。北海道だ!やたら雪が降ってると思ったら舞台が北海道なのね~。

ザンギ大好物です、と喜こぶ荒瀬君。

「それじゃ…」「うい。」

とその場で別れる二人…と思ったら、先生が荒瀬君を呼び止め「何か忘れているんじゃないかしら。」コホンと咳払い。

「……え?」???な荒瀬君。

誕生日?記念日?と色々あてずっぽうに言ってみるも外れ。

ヒント!とお願いすると、先生は「あー寒い寒い…なんだか今日は一段と冷えるわー」と寒いアピール。

そのヒントでピーンと来た荒瀬くん。ちょっと待っててと家に入り、鍋を持って再登場。

「鍋返すの忘れてました。」

「なんで寒いってヒントからこれになるのよ…」

「寒い日は鍋料理であったまりたいじゃないですか。」

「お鍋もいいけど…あるでしょその…もっと手っ取り早く温まる方法が…」

荒瀬君、今度こそぴーん。先生が欲しいのはさよならのハグだね(* ´艸`)

しかし荒瀬君はいじわるを。悪いお顔で「ふーん…そんなに寒いですか…じゃあ部屋あがっていきます?」

おいおい大人をからかうのはやめたまえ…っ!(* ゚Д゚)

先生も「何言ってるのよ!?」と大慌て。

「そうじゃなくて!ほら、いつもの…」

「いつもの…何ですか?」ニヤニヤ

彼女に言わせたいプレイっすか…恐ろしい17歳やで。

ほんとはわかってるんじゃないか、という先生と、しらばっくれる荒瀬君。

「はっきり言ってくださいよ。」んー?

「いっ…言えないわよ生徒にそんなこと…」

「ていうか、そんなにハグしたいなら自分からすればいいじゃないですか。」

「そんなこと…できるわけないでしょっ!!荒瀬君のバカっ!いいわよもう!!」

先生は車のドアを乱暴に閉め、エンジン点火

せんせー…と声をかける荒瀬君に、運転席の窓を開け「ザンギ返して。」

背景ブラックアウトして絶望の目をする荒瀬君…w

ちょっといじわるした代償はでかかったですね…w

先生は車の中でザンギむしゃむしゃしながら帰り、荒瀬君はお腹をすかせて寝ました。

 

翌朝。ひもじい…と遅刻登校してきた荒瀬君は、職員室の前で肉まん…じゃなくてフーミン先生に会います。〇っ〇〇を肉まんってなんか懐かしい表現だねw

遅刻届を取りに来た荒瀬君にフーミン先生は、アンタいっつも遅刻してるわね…と。

職員室の中には、おじさん先生に怒られてる先生の姿が。

「あれって…」

「凛子も遅刻ですって。珍しいわよねーあのど真面目な凛子が…昨夜眠れなかったって。何かあったのかしらね。」

「…………」

荒瀬くん本当表情変わんないんだよなーいつも無気力っていうか…

でも表情には出ないけど、いろいろ思うところはあるらしい。

シュンとしてる先生を見て、(あー…抱きしめたい…)とか心の声が。

 

(素直にハグしてればよかったな。そしたらザンギも食えたのに。)

「ザンギ…」←漏れる心の声でどっちが重要なのかわかる17歳w

「え?」

補習中の2人です。

「いや…何でもないです…」(今日に限ってなんで補習…)

「あのー…昨日は…」

謝ろうとしてるっぽい荒瀬君を遮って先生は、

「あれから考えたんだけど…あなたの言うとおりだわ。自分からすればいいだけのことなのに、あなたに要求ばかり押し付けて、自分の手を汚そうともしないなんて。」

「私…私…なんて卑怯なことを…!」うっ…とこらえきれず泣き出す先生に、荒瀬君はえーーーーと引き気味wこういうところ冷めてるよね…!

「…別にそんなつもりで言ったわけでは…」

「あなたにそんなつもりがなくても!自分の中に後ろめたい気持ちがあったんだわ、だからあんなにムキになって…もういや…生きてるのが恥ずかしい…」

(めんどくさ)←ヒドいwww

「そんなこと考えてて寝れなかったんですか?ホント真面目ですね。」微笑。荒瀬君がすっごい笑うところ見てみたいよ。

「笑い事じゃないわ。私…保身のために、全部荒瀬君のせいにしようとしてたのよ…」

先生は、いい先生でいようと思ったけど…と言いながら、決心した顔で荒瀬君に手を伸ばします。

が、荒瀬君はサッと椅子から立ち上がり先生のハグを回避!w

「ダメですよ。教師がそんなことしちゃあ。」ぎゅっ。頭ぽん。

ぬぅぅ…子供のくせにぃ…ドキドキさせやがる…!

 

先生は荒瀬君の胸の中でまた涙がぽろ。

「ごめんなさい…」

「……ううん。待たせてるのこっちだし…」

そこへ、廊下を通りがかったフーミン先生。

教室のドアの向こうに見えるのは、密着した荒瀬君と先生。

oh my …ってびっくり仕方のフーミン先生担当英語ですね。w

 

先生はすかさず廊下へ飛び出し弁明。

「ちっ違うのこれは!!かかか彼が一方的にっ!!」キャー

(保身……!!)今までの先生の反省は何処へ…w

「そ、そうなの…?」

「…そうです。ちょっとふざけて…すいません…」

「なんだ…てっきりそういう関係なのかと思ったわ…」

セクハラも大概にしなさいよー?と去るフーミン先生。

「ごめんなさい。」とへたり込む先生。w

 

夜。

お詫びにとザンギを差し入れする先生。

はぁぁ…!!(*´Д`)ありがとうございます。と涙を流して感動の再会をする荒瀬君とザンギ。w

「…それじゃ私はこれで…」そそくさと去ろうとする先生を、「忘れ物です。」と後ろからハグする荒瀬君。

頭から湯気出してうぐ。となる先生。

「したらしたですごい照れるのね。」

素直が一番!続く♡

先生は恋を教えられない第9話感想まとめ

 

なんか…だいぶ荒瀬君の無味乾燥な愛情表現に、やられてきましたw

こんな17歳男子本当に居たら悔しいよ!!w

色々ズルいよ!!www

ザンギと再会した荒瀬君は今まで一感情が表に出てたと思うけど、それもデフォルメ絵だから。

本気で感情を出した荒瀬君いつか見たいな~。

怒ったり、悲しんだりは絶対外に出さなそう(その代わり無表情に磨きがかかりそう)だから、嬉しい、とか先生好きすぎ、とかの顔を見たいです(* ´艸`)

でもってこの荒瀬君が、歳の差も超えて、先生と生徒っていう立場も超えて先生に恋した理由を早く知りたいです。

このお話の続き、先生は恋を教えられない10話のネタバレ感想はこちらをご覧ください。

先生は恋を教えられない10話ネタバレ!先生のデレの破壊力がパネェ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です