合コン相手は肉食警官!8話ネタバレと感想!お風呂で興奮!

合コン相手は肉食警官!26歳処女は捕らわれたい最新8話のネタバレあらすじと感想をお伝えします!

 

過去を乗り越え、お互いの愛を確かめあった勇助と京子は、結婚の承諾を得るため京子の実家に挨拶に行くことにしました。

京子の実家は代々神社を引き継いでおり、祖母はとても厳しい人なのです。一生懸命説得する2人ですが簡単には結婚を許してはくれず…。

そんな中、京子の兄や妹も登場し波乱の予感?!さて2人はどうなってしまうのでしょうか?

それでは合コン相手は肉食警官〜26歳処女は捕らわれたい〜8話の詳しいあらすじとみどころについてご紹介します。

合コン相手は肉食警官!26歳処女は捕らわれたい8話あらすじ

京子の実家である天羽家は由緒ある立派な神社。厳しい祖母に育てられた京子は、実家で働くよう強く勧めてくる祖母の反対を押し切って東京に出てきた事を勇助に打ち明けます。

 

祖母に結婚を認めてもらいたいと伝える京子ですが、祖母は婿養子として入り、神社を継ぐという意思がなければ結婚を認めないと反対します。

 

京子には兄と妹がいますが、兄京一郎は海外を転々とし自由気ままな生活を送っており、とても神社を継げる器ではありません。妹京花も結婚して2人の子供の母親になっており、すでに実家を出ています。

神社を継ぐのは京子しかいないと祖母も引き下がりません。

負けじと反抗する京子。祖母はものすごい剣幕で怒り出し、婿養子に入らなければ京子と別れるよう言い放ち、床の間の刀を抜き勇助に剣先を向けるのでした。

 

大騒動が繰り広げられている最中、京子の兄、京一郎が久々に帰宅します。

そして、京子が結婚相手を連れてきた事を聞きつけて、妹の京花も夫と子供を連れて様子を見に実家にやってきたのです。

 

天羽家は一気に賑やかな雰囲気になります。大人数で食卓囲む夕食。

賑やかな家族団欒に憧れていた勇助は嬉しさが込み上げてきます。

 

夜も遅くなってしまった為、京子の実家に泊めてもらうことになりました。

勇助がお風呂にはいっていると、京子が背中を流したいと浴室に入ってきます。

 

勇助は賑やかで楽しい天羽家の家族達と過ごし、この家になら婿養子に入ってもいいと思ったと京子に伝えます。

しかし京子は警察官をしている勇助が素敵で大好きだから今の仕事をやめないで欲しいと頼みました。

勇助は困っている人を笑顔にできた時が何よりも嬉しいから警察官は続けるつもりでいる事、そして京子の家族と過ごせて本当に嬉しかったこと、俺も家族の一員になりたいと京子に伝えるのでした。

 

京子は勇助の言葉に涙を滲ませ2人は強く抱き合いキスをします。

キスはだんだんと深くなっていきます。家族がいるのにと躊躇する京子ですが、我慢できなくなった勇助は少しだけだからと京子の敏感な所をどんどん攻めていき、京子は顔を赤らめ必死に声を抑えますが…。と興奮最高潮のところで8巻は終わりです。

合コン相手は肉食警官!26歳処女は捕らわれたい8話感想

過去を乗り越え、結婚に向けて進みはじめた2人。

京子の祖母はとても厳しい人ですが、久しぶりに集まった家族を迎え入れ、美味しい食事を準備するなど家族想いな一面もみられました。

天羽家も個性豊かで明るい人達です。

勇助が京花の子供に優しく接する場面もあり、勇助と京子がパパママになった姿をついつい想像してしまいます。

過去を乗り越え性格的にも丸くなったかなと感じる勇助ですが、さすが肉食警官!

実家のお風呂で家族の気配を感じながらも抑えきれずに京子の敏感なところを攻めまくるところは読者の期待を裏切りません。興奮最高潮のところで8話は終わってしまったので、次回は実家のお風呂でどんなことしちゃうのでしょうか?!続きが楽しみでしかたありません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です