鬼滅の刃第183話ネタバレ!甘露寺視点の戦闘シーンで和むwww

週刊少年ジャンプ2019年51号に掲載の、気滅の刃最新183話『鬩ぎ合い』のネタバレ感想です。

今回の話は甘露寺視点で話が始まり、柱二人を鬼舞辻へ向かわせた経緯や鬼同士の鬩ぎ合いが垣間見る戦闘シーンの数々となっていました。

途中途中で入る会話のやりとりや突込みが今回も素晴らしかったですよ!

前回の気滅の刃183話の振り返り

前回はカラーでした。ちょうど盛り上がり展開が動こうかとする回でした。

無惨の圧倒的強さを戦闘で見せつけられ、おまけに柱が二人殺されたと無惨から伝えられ、間合いに入ったものの主人公の炭治郎は片目をつぶされてしまいます。

持ち前の嗅覚でも追いつけないほどの速い攻撃で炭治郎がやられかけるその時、死んだはずの甘露寺と伊黒がやってきました。

珠世の付き添いの鬼である愈史郎が鬼の視界を操り、無惨に捏造した視界を見せつけていたのです。

珠世を消された怒りを込め、愈史郎は叫び、展開は加速します。

前回の気滅の刃183話あらすじ

今回の回はいよいよ仲間も加わり戦いが本格化していきます。

甘露寺視点から話が始まり、移動圧に戸惑い無惨の怒りの姿に語彙がおかしくなり、てんやわんやの甘露寺。

しかし甘露寺は愈史郎の作戦を思い出します。

鳴き女の視覚を乗っ取り頭も乗っ取る事、鬼狩りの仲間が死んだと見せかけ無惨を一気にたたくこと。

甘露寺は聞くまま感心するまま話は一旦終わり、愈史郎と無惨の攻防に入ります。

甘露寺はどうにか無惨に攻撃を繰り出したいものの建物に潰されないよう手一杯です。

炭治郎も必死で無惨から離れない様に意思を固めます。

愈史郎は視覚と頭を乗っ取っているので姿は無惨には映りませんが、正体は把握しています。

頭脳戦のような血鬼術での攻防の際ちゅう愈史郎と一緒に来ていた鬼殺隊員が口をはさみ怒らせます。方や無惨は伊黒と冨岡の攻撃に意識を取られます。

 

無惨は鳴女の頭をつぶし、愈史郎は残っている細胞で何とか隊員と無惨を外に出すことにします。

炭治郎が甘露寺のピンチに投げた刃が無惨に突き刺さり、一瞬の間と無惨の激情により一気に舞台は地上へと移り変わります。

前回の気滅の刃183話感想

今回は前回から更に物語が加速します。

愈史郎の珠世への想いが無惨への攻撃につながり、とても熱い展開でした。

愈史郎の鬼としての力はまだ少ししか見たことが無かったので今回こういう戦い方をする鬼もいるのだな、と驚くシーンが沢山ありました。

そして甘露寺は物語をまるく包んでくれる存在だなと。

危機的な状況には変わりないですが、シリアスになりすぎない変化がとてもいいキャラだと改めて思いました。

全体を通して鬼同士の凄まじい鬩ぎ合いや展開が、今回とても熱く、また仲間が集まってきた事でどのように無惨に畳みかけるのか・・・それとももう少し引き延ばすのか・・・まだ展開は読めません。

今回の漫画の表紙にカナヲ達が描かれていたので、炭治郎組も集結しどう柱と連携を取るのかも今後気になるポイントです。

ひとまず話が終わったとしても戦力は大幅に削られてしまっているわけですから、ここで鬼舞辻を倒せることが一番ですよね。

しかし鳴女はまだ他の鬼のように素性が明らかになっていませんし、禰豆子はあの後地上ではどうなっているのか、変化はあったのかが明らかにされていないので、もう少し話は深くなっていきそうですね。

 

次回から色々な展開が待ち構えていそうです。

もう死なないでほしいですが、意外な人物が亡くなっていくのでその点も見どころ(・・・)ですね。

熱い展開を期待しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です