コウノドリ301話ネタバレ!新井先生おかえりなさい

週刊モーニング2019年42号に掲載の、コウノドリ301話ネタバレ感想です。

モーニング表紙の鴻鳥先生の横顔がイケメン…(*´`*)

新井先生がペルソナに戻ってきました!

が、人間関係がちょっぴり心配…

コウノドリ301話あらすじ※ネタバレ

新井先生がペルソナに帰ってきました。

まさかの展開に戸惑う同僚たち。

 

新井先生は、下屋先生に言われて「新しい新生児科医」ってやつに挑戦してみよう、と思ったそうです。

古参以外はちょっと不安も?

工藤先生や赤西研修医は、それぞれ今橋先生と鴻鳥先生に対し新井先生への不信感をぶつけます。

一度ペルソナをバーンアウトしている新井先生を、簡単に信用していいものか、と思っている様子です。

 

今橋先生と鴻鳥先生は、それぞれの言葉で新井先生をフォロー。

今橋先生の、以前よりもどれだけ素敵な新生児科医になってくれるんだろうってすごく楽しみ、という言葉にはほっこりしました。

丸くなった新井先生

工藤先生に怒られている、看護士?の松野さん。

もうひとりでやるからいい、と突き放されしょんぼりしていると、新井先生に声をかけられます。

 

採血の介助を頼まれますが、ガーゼを取り出すのにまごつく松野さん。

新井先生は松野さんに、ゆっくりで大丈夫と優しく言います。

 

ベビーの処置中の医師は集中して緊張している、だからぴりぴり怒っちゃうこともある、と工藤先生のこともフォローする新井先生。

 

新井先生も、以前はそんなぴりぴりした空気でしたが…

丸くなったみたいですね。

勝手なことするなよ

工藤先生お疲れの様子です。

そんなとき、カンガルーケア(お腹の上に赤ちゃんをのせる)をするママさんを発見。

工藤先生の外来中に両親が希望して、新井先生が手伝ったことを聞き、新井先生に文句を言います。

 

「西島さんのベビーは抜管したばかりで呼吸も安定してないし…カンガルーケアなんてやるべきではないですよ」

「昨日今日戻って来たあなたに好き勝手やられたら困るんですよ」

 

おっとー…新人?いびり的なの始まっちゃった…

どうなる次回。

コウノドリ301話感想

新井先生が古巣に戻って、すぐに周りとなじめるとは思いませんが…

工藤先生も自分の疲れを新井先生に当たることで解消しようとしてるのでは?

という感じで、ちょっともやっとですね。

早く良い感じになってくれるといいのですが。

側できいてる鴻鳥先生がどう出るかも気になる、次週が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です