テセウスの船 77話ネタバレ!幼みきおと大人みきおの会話…和子はやはり拉致られていた。

モーニング2019年15号に掲載の、テセウスの船77話ネタバレ感想です。

いやぁぁぁ!!!!やっぱ和子さんつかまってんじゃん!!!。゚(゚´Д`゚)゚。

早く助け出してあげて下さい……でも村も、お泊り会間近だし……

緊迫すぎるぅぅぅぅ……

テセウスの船77話あらすじ※ネタバレあり

冒頭、テセウスの船について語る誰か。

それを聞いている、幼みきお。

「朽ちた木材を新しいものに交換するこおをくり返しやがて全ての部品が新しいものに入れ替わった…それは最初の船と同じと言えるのか?どう思う?」

「面白い」

神社の軒下でみきおと話す人物は…大人のみきお??

お泊り会延期は不可能

佐野は、親戚の家に和子達が到着したかどうか確かめるため、電話をかけます。

しかし、3人はまだ着いておらず、連絡もないと言います。

家を出てまる一日経っていて、いくらなんでも遅すぎる…

 

その頃心は、村の人達に会って居ました。

「心先生よく帰ってきた!」

「心先生明日ねお泊り会あるんだよ!来るんでしょ!?」

心は、明日のお泊り会に参加したいと伝えました。

 

そこへ木村先生が。

「心先生…実は加藤君から連絡があったんですよ」

驚く心。

木村先生は、みきおがお泊り会に来ること、親戚の叔父さんは来られないが、明日駅まで送ってもらうことになっていることを話しました。

「明日駅に来るって何時頃ですか?」

「朝7時10分着の電車で来るそうです」

 

佐野は、校長先生を呼び出してお泊り会の延期を打診しました。

土下座までして頼んだ佐野ですが、校長からは受け入れられませんでした。

「そんなに心配なことがあるなら明日は警備をお願いします 子供たちも安心できるでしょう」

家族とお泊り会。2つの心配に板挟みな佐野

公衆電話を使い、電話をかける佐野。

和子がお腹を痛めて途中病院に寄った可能性を考え、電話してみるも和子達が来た様子はありませんでした。

嫌な予感がする、という佐野。

「遅れている理由があって 連絡が取れない状況だってことだ…」

心は捜しに行こうと言いますが、佐野はそんな場合じゃないと怒りました。

「お泊り会は明日だ…!殺人が起きるとわかってんだからそっちを優先しなきゃしょうがねぇべさ!」

佐野も、家族が心配でたまらないはず…それゆえに、口調が荒くなっています。

 

明日は、佐野が駅で張り込み加藤が現れたら身柄を拘束すること、心はお泊り会に不審な人物が居ないか見ること、と役割分担することに。

村人が来たら全員にボディーチェックをする。

職員も、出来れば子供らも。

さつき先生から目を離さないこと。

もし何か緊急事態があった時は、火災報知器を押し全員を避難させることなどを、相談し合う2人。

「いずれにしても食事の時間前に火災報知器を推してお泊り会を中止に持っていこう」

事件を止めたら心は??

佐野は、もし事件を止めたら心はどうなるのかが気がかりです。

「事件を止めた瞬間に心さんがいなくなるってこと…ないよな?」

「ど…どうでしょう そもそも現代に戻れるかわかりませんよ」

「……」

空を見上げる佐野。

「きっと…うまくいく…絶対に」

 

そう、佐野が信じている時、和子は口をガムテープでふさがれ、体を拘束された状態でどこかに転がされていました……

続く。

テセウスの船77話感想

もおぉぉぉ~~~~………妊婦さんになんてことするんだ………!

和子が捕まっているシーンはラスト1ページだけ、背景はほぼ黒塗りで、場所の検討がつきません。

和子を拉致した犯人はおそらく加藤でしょうが、その狙いはなんなんでしょうね??

子供達も、どうなったのか気がかりです……。

明日はお泊り会。そちらも、まだまだ事件を止められるのか、それとも不測の事態が起きるのかわかりませんし。

はぁー、心臓に悪い( ;∀;)

でも続き早く見たい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です