ブラッククローバー(196話)ネタバレ!悪魔の登場!見た目が怖すぎるよぉぉぉ

週刊少年ジャンプ2019年15号に掲載の、ブラッククローバー最新196話ネタバレ感想です。

ロンネが不気味な笑みを浮かべてライアの腹部に大きな穴を穿ったところで終わった先週。

ライアの体に居るのは一体何者??

今日のお気に入りシーン

悪魔の笑い方がこわすぎる…!

「ンッンッンッンッンッンッ アナタ達みーんな愚かですね…!!」

ブラッククローバー196話あらすじ※ネタバレあり

「どういうことですか!??ロンネさん!!!」

その声に、ロンネが答えます。

「五つ葉には悪魔が棲む…

思い出される 四葉の魔導書に選ばれた魔導士達の絆を利用し

絶望の魔導書を生み出したあの日…

手に入れるはずだったものを今日ついに手に入れる

あの世とこの世の境であるこの影の王宮で 冥府から望みのモノを引き出す魔石の魔法……!!」

 

ロンネがそう言って魔石を台座にはめ込むと、そこから黒い塊が湧き出てきました。

「おかえり」

「ただいま」

(何だ……!!?この…ドス黒くて冷たい魔力は……!!!)

(……まさか……コイツは……)

 

「ンッンッン…」

不気味な声をあげるその黒いものは、悪魔でした。

「あァ…不完全とはいえ…何百年振りの自分の身体です…やっぱりイイものですねぇ……!」

やや、やばいっす見た目が……悪魔こわっ!!(((( ;゚Д゚)))

なんてゆーかデスノートの死神を、もう少し人間寄りにした感じ???

顔こわいっっっ。黒い線が恐い………( ;∀;)

 

「四葉の魔導書に選ばれたエルフ…アナタにはあの日のリヒトと同じように絶望の底を味わってもらいます…!」

悪魔は、あの日人間を誑かしてエルフを滅ぼしたのは自分だ、と告げました。

魔力欲しさに人間は簡単に動いた、アナタ達も面白いように騙されて筋書き通りの復讐を、と。

 

「ンッンッンッンッンッンッ アナタ達みーんな愚かですね…!!」

やだぁ…この笑い方がこわすぎるんだよぉ。

 

「フザケるなァァァーーーーー!!!!」

攻撃を放つパトリ。しかしそれは、悪魔の「戻りなさい」という一言だけで、全て跳ね返されてしまいます。

マナゾーン”精霊の静かなる舞踏”を使い、返って来た攻撃からパトリを護るユノ。

「その体ヴァンジャンス団長のだろ…勝手にやられるのは許さねー…!!」

ユノは、悪魔をぶっ飛ばして全てが終わるなら、終わらせてやる…!!と、マナゾーン”スピリット・ストーム”を発動。

それに対し悪魔は、『真空の壁』でその攻撃を防ぎます。

悪魔は『言霊魔法』を使い、自分の前では攻撃魔法は全て無意味と言いました。

 

(メチャクチャな魔法使いやがる……!!コイツには…勝てねー…!!)

「オレだけだとな…!!」

「ユノォォォォォ!!!!」

悪魔の背後の壁にある穴から、アスタとミモザが飛び込んできました。

「おせーよ アスタ…!!」

ユノは挑戦的な笑みで言い、悪魔もにやりと笑いました。

どうなる次号???( ≧Д≦ )

ブラッククローバー196話感想

エルフでもなく、ドワーフでもない気配…それは悪魔の気配だったのですね。

悪魔のビジュアルがあまりに恐怖で戦慄しました…((((;´Д`)))

口調の穏やかさと不気味な笑い声が相まって、怖さしかない……。

でも、アスタ達が合流しましたしね!いや一筋縄ではいかないだろうとみえますが、アスタが居てくれるだけでちょいちょいギャグ挟んでこっちもリラックスさせてもらえますし、安心して読めるというかw

来週も楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です